顧客への信頼を重視するXM/XEMarkets

6978ooFX取引でのリクオート無しの高い約定力を約束し、2011年より日本への進出を果たしたXEMarketsは、キプロスに拠点を構えるTrading Point of Financial Instruments Ltd社が運営を行っています。2009年の創業時よりキプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受けており、非常に安心感の持てるクリーンな運営と、充実した入金ボーナスが順調な顧客拡大に繋がっていると評価できます。

またその後、トレード環境を最高レベルにまで引き上げて顧客に提供できることを狙いとし、運営スタッフの一新といったバックオフィス環境への大きな梃入れを行い、サーバーシステム増強などのインフレ整備、入出金方法の充実化、最高レバレッジの引き上げなど、大幅なリニューアルを行いました。そしてそれまでの「Trading Point 」という社名もXM.com(XEMarkets)と変え、今日に至っています。

顧客への信頼に重きを置くXMの攻略法を考えるうえで、世界最高レベルの厳しい監査で知られる英国FSAのライセンスも保有し、これによって万が一経営危機に陥っても顧客の資産が最大2万ユーロまで保全されるというリスクヘッジがなされています。これは日本国内の業者が金融庁からのお墨付きを得るのと同等の信頼レベルくらいFX 攻略には大事な物とされています。

XMで利用できるアカウントは3種類、スプレッドは高めでも約定率の高さが魅力

専用のアカウントは3種類、マイクロ・スタンダード・エグゼクティブで、いずれのアカウントもマイクロロット取引(0.01LOT)と円口座対応です。またレバレッジについてはマイクロ・スタンダードの2タイプのアカウントで最大888倍という国内業者とは比べ物にならない高倍率が選択可能となっています。XMでのスプレッドを見てみると、ドル/円=2.0~2.5pips、ユーロ/ドル=2.0pips前後、ポンドドル=3,0pips前後と定められています。この数字を見るとけして小さい値とは言い難いのですが、XMでの全取引がカバー先の銀行へと自動リンクされており、約定拒否が起きないような安心感の高い取引環境が整備されていることを考えれば大変魅力的です。

入金ボーナスは2回目以降も受け取れる

初回入金ボーナスを用意している海外FXブローカーは非常に多いですが、XMの場合は初回だけではなく2回目以降の入金でもボーナス受け取りが可能となっています。初回入金は額面の50%分(上限1万米ドル)、2回目以降なら30%分(上限1万米ドル)がクレジットとして自動加算されます。このボーナス分を現金として出金することは不可能ですが、入金の度に取引に使用できる証拠金が増えるというのは大変大きなメリットです。また、他業者では入金額とボーナスが一括管理されてしまうため、ボーナスが加算されたかどうか判別し辛いのですが、XMの場合はボーナス分のみ別枠で確認することができますので、口座管理も簡単です。